World Horseback Archery Federation

ー昞チソユケ・チヲ 1ネク アケチヲア篏邏・ク 366.JPG

日本騎射協會 

設立趣旨

21世紀に入り、加速するグローバル化の影響は、経済、産業、文化、生活様式の画一化といった流れから、地域性、異文化など、社会的多様性への理解を深める方向へと変化しています。
このことは、真に平和で豊かな社会を実現するためには、世界の人々の相互理解が不可欠であるとの認識が高まってきていることを示唆しています。

そうした中で、私たちは日本人として「世界に発信し、世界中の人々から理解と共感の得られる文化的活動とはどうあるべきか」という課題について考えると同時に、その具体的な活動に取り組むための環境を整える必要があります。

そこで私たちは、日本の騎射の研究と紹介を通した国際交流活動を主な事業目的とし、さらに世界の騎射、およびそれらに深く関わるものについての研究と発展に努め、文化的財産として次世代に継承するための環境基盤を確立させることを目指し、日本騎射協会(Japan Horseback Archery Association)を設立するものです。

                               
                               會長 宮川 昇

Japan Horseback Archery Association 

Establishment Purpose

In the 21st century, the effect of accelerating globalization has changed the trend from the conformity of economy, industry, culture and lifestyle into understanding of social diversity such as regionalism and cultural differences.
This indicates that the people are getting increasingly aware that the world’s mutual understanding is essential to realize the true peaceful and prosperous society.
 
In such age, when we think, as Japanese, “What traditional culture can we offer to and share among the world?”, there is a need to construct the environment which we can work on it.
 
Therefore, we think our main business purpose is the international exchange activity through studying and introducing Japanese traditional equestrian archery.  At the same time, we try to conserve and develop world’s traditional equestrian archery and relevant matters. In addition, we aim to construct the environmental underpinning for passing them on to the subsequent generation, therefore establish Japan Horseback Archery Association.


                                     President Miyagawa Noboru